スリリングな駆け引きを楽しめるブラックジャックトランプ

“ブラックジャックトランプは世界的にもポピュラーなトランプを使った遊びのひとつで、個人が余暇を楽しむ目的のほかにもカジノでは人気のコンテンツです。
ルールは単純明快でトランプを1枚ずつ引き、合計の数字が21ちょうどになれば勝利し、誰も21に達しなかった場合は最も近い数字のプレイヤーが勝ちます。
また、21をオーバーしてしまった場合はその時点で負けが確定するので、あと1枚を引くのか引かないのかという判断を迫られるのと同時に相手プレイヤーの手持ちを予想するスリリングな駆け引きが楽しめるのも魅力です。
Aは1にも11にも数えることが可能で、ディーラーの手札がオープンにされたケースでもその先にどう展開するか読めないのも面白さに深みを持たせています。
トランプには一部にキャラクターが描かれている絵札がありますが、その中でも黒いマークを持つスペードのジャックを中心にスペードのエースを含んで21を構成できた役はいつしかブラックジャックと呼ばれ、その名称の語源になったと言われています。
もしも21で同点になったプレイヤーが複数いた場合には、これらの役を作った方が勝利となったり、カジノであれば払戻金が倍増することもあります。
その他にもブラックジャックトランプは、世界各国や地域により独自の進化を遂げてローカールルールも存在している場合があります。
そんなブラックジャックトランプは老若男女問わず、世界中の人々から愛されています。”